« Eos3 チューブレス対応カーボンクリンチャー納期遅延の件、続報 | メイン | 2017モデル 写真アップロードしました。 »

2016年9月28日 (水)

FB(フェイスブック)との兼用、両立 ~Hyalite (ハイアライト)のご紹介~

いつも当ブログサイトを訪れていただき、心より感謝申し上げます。

既に周知のとおり、SNSやツィッター、インスタでの情報伝搬力は、今やメディアの中でも群を抜いています。 FBもそのうちの一つで、多くの方が毎日のように活用されていますが、当JSKサイクリングフォースも、時として、「JSK Cycling Force」のFBページで、新製品情報が先行することもあり、また酷い時には、当ブログサイトでの掲載を怠ったりとか、もう、どうしようなくご迷惑をお掛けしていることもございます。

この紙面にて、改めてお詫び申し上げる次第であります。m(_ _')m

それでも、新モデルのスペックやテクニカル面での情報は、飽くまでブログサイトが柱であり、最優先と認識しており、今後もその姿勢に変わりありません。

しかしながら、どうしても海外からの情報がFBを通して入手することも多い現状から、最新ニュースは、ブログに転記することなく、そのままFBでシェアすることが増えてきており、皆様におかれましても、JSK Cycling Force のFBページをチェックいただけましたら、この上なく、幸甚に存じます。

因みに、本日のFBでのご紹介記事は、下記のとおりとなっております。

殆どの公開写真が無断転記することを法的にも禁止しているものと存じ、いつもこのような、アドレスの転記のみになってしまうのも、FBを直接ご覧いただきたいと願う理由の一つでもあります。 何卒ご理解賜り、ブログ・FB双方を閲覧いただきたく、お願い申し上げます。

http://bicycletimesmag.com/whats-new-at-interbike-part-two/

インターバイクショーからの雑誌レポートです。ロルフプリマ2017ニューモデルの内、Hyalite(ハイアライト)が紹介されています。Hyaliteは、米国で一つの新しいカテゴリーとして確立されつつある、「グラベルロード」用として、ロルフがいち早く市場投入したMade in U.S.A.アルミクリンチャーモデルです。これ以外も、ロルフ2017アルミモデルはすべてU.S.A.メイド、ロルフプリマ社 インハウス(社内)製で、ユーロ、インターバイクの2大ビッグショーでも、大いに注目されているのが現実なのです。

更に補足しますと、昨年まで、「グラベルロード」には、29インチサイズのMTB XC系のホイールを流用していました。それに対し、Hyaliteは、700cサイズ。しかもチューブレス対応済みのクリンチャーリムなのです。 シクロクロスモデルのVCXディスククリンチャー1720g/前後セットよりも200g軽い仕上がりになっていますので、リムハイトが必要のないコースデザインであれば、ロープロファイルでより幅の広いこのHyaliteが、シクロクロスレースでの選択肢にもなります。

☆このような詳細な情報をお伝えできますのも、当ブログサイトの特典でもあります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Interbikeday314


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/544886/33951339

FB(フェイスブック)との兼用、両立 ~Hyalite (ハイアライト)のご紹介~を参照しているブログ:

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング