« Eos3 チューブレス対応カーボンクリンチャー納期遅延のお知らせ | メイン | Eos3 チューブレス対応カーボンクリンチャー納期遅延の件、続報 »

2016年8月 3日 (水)

2017年モデルのスペック、プライスリストをアップロードしました。

2017年モデルにつきまして、ロルフパートナーショップ各位へのビジネスショーが滞りなく終了しましたので、同モデルのスペックとプライスを、右側のウェブページに掲載いたしました。

これまでどおり、米国内標準価格との価格差を極力少なくすることを目指し、また、実勢為替レートにも留意いたしております。

本日以降、ご注文いただけますホイールは、2017モデルとして新しいスペック及び価格にて、最短で9月20日頃のお届けとなります。 尚、注目の純アメリカ製カーボンクリンチャー/チューブレスレディのEos3は、今からのご予約でも10月末~11月頃の納期予定となります。

2017年モデル、ハイライトは下記のとおりです。

1.Eos3:  主に米国航空・宇宙産業にて使用される、トップエンドのカーボンを採用し、米国内でロルフプリマ社専用カーボン工場での生産品です。 高密度(high temperature resin)による熱対策に優れています。

2.Ares3,4,6: リムブレーキあたり面の素材、改良を施し、より一層放熱性を向上させています。(注:どれほど優れた技術を導入しましても、カーボンクリンチャーのビード部耐性には、ユーザー自身による認識とブレーキング技量が欠かせません)

3.Vigor Alpha Stealth(ステルス)登場: ハブ及びリム全域に、セラミックコーティングを標準装備した、アルミ最上位モデルの追加。

4.Vigor, Elan, Ralos(MTB): 全アルミリムが、ロルフプリマ社内製に移行。 これにより、スポーク(Sapim)以外、100% U.S.A.メイドとなります。

5.T2 ハイエンゲージメントフリーの導入。フリーハブボディのラチェット歯数が、現行24Tから、48Tにすることにより、速度変化時に掛かりが良く、また、一定ケイデンス走行時でも、エネルギーロスを低減することが期待されます。 ロードでは、上記Eos3, Vigor Alpha Stealthに、そして、オフロードではシクロクロス、MTB XCラインのほぼ全モデルに採用。

以上、ご案内申し上げますので、今後のロルフプリマホイールにご期待ください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/544886/33900721

2017年モデルのスペック、プライスリストをアップロードしました。を参照しているブログ:

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング