« ラストチャンス、限定Vigorゴールド | メイン | Eric Lagerstromさんを応援しましょう »

2016年3月25日 (金)

Eos3 チューブレス対応カーボンクリンチャー 続報

spec_eos3.pdfをダウンロード

2016rolfprimaeos32

Eos3の日本国内価格が決定してましたので、ご案内いたします。

標準希望小売価格¥330,000(税別本体)+消費税

米国での製造は今年5月から始まりますが少数生産のため、すでに5月枠は充足しました。 今からご注文いただけますホイールは6月生産分となり、最短7月中旬の納品予定となっております。 ご予約は、お近くのロルフパートナーショップにてお尋ねください。

スペック詳細>>>

~上記リアハブに採用されているT2について~

Image001_1_2

T2と呼ばれるドライブリング(写真左)は、ラチェット歯が従来の24から48となり、爪の形状も変更されています。

フリー状態からペダリングへのエンゲージの速さが文字通り2倍になり、特にオン・オフが頻繁に行われるMTBでは非常に効果的で、すでに2016モデルのAlsea(アルシー)にも採用されており、米国でも高く評価されています。 それを今回、ロードホイールに取り入れることにより、負荷の掛かるヒルクライムや、スプリントに至る加速時のシフトアップで、ロスが少なく、反応の良い走りが期待されます。 

Eos3のリム自体が、軽量化とエアロダイナミクス特性の両面において、現行Ares3を凌ぐ進化を遂げていますので、T2ドライブリングと相まり、反応性に優れ、きびきびとした乗り味が、最大の特徴になります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/544886/33778887

Eos3 チューブレス対応カーボンクリンチャー 続報を参照しているブログ:

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング