« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月26日 (日)

チャレンジ台湾ハーフディスタンス

当JSKサイクリングフォースも応援しています、Jess Ripper選手(Niseko Multisport)が、昨日行われたチャレンジ台湾トライアスロン ハーフディスタンスにおいて、男子年齢別(35-39)で見事優勝! そして、プロトライアスリートを含む総合順位でも、8位フィニッシュと大健闘されました。 次の舞台は6月の日本、Ironman 70.3 Chitaに参戦。

S__4972547使用ホイールは、リアディスクチューブラー、フロントにTdF6SLのセットです。

2015年4月20日 (月)

JBCF白浜クリテリウム

ロルフパートナーショップ、バイシクルスタジオ ムーヴメントの高橋真吾さんは、昨日のJBCF白浜クリテリウムにおいて、E2カテゴリー13位フィニッシュ、途中スプリントポイント1を取るなど、健闘されました。Sauce_development1 

当JSKでは、チームSauce Developmentを応援しています。 また、ロルフパートナーショップに帰属、または縁の深い草の根の、ロルフプリマホイールと共に参戦しているライダー、チームを応援して行きたいと思います。

2015年4月17日 (金)

僅か0.4ミリ厚, スラストワッシャーの入れ忘れ注意!~リアハブTdF3.4/4.4/5.5、

フリーハブボディの、シマノ/スラムからカンパへ、またはその逆の交換作業や、あるいは、グリースアップ時に、分解洗浄した後、おざなりにされてしまうことがある、スラストワッシャーです。

これが無いと、明らかにフリーハブボディの空転に違和感があり、時に危険な状態になりますので、当サイトの右側ウェブページから、「メンテナンス」の 第7項として追記し、注意を喚起しております。

どうぞご参照ください。

2015年4月10日 (金)

ロルフプリマ vs 石畳レース

Photo1253020110407_1377611554先週、テレビでロンド・ファン・フラーンデレン(The Tour of Flanders)を観ていた時、もしもこのような石畳を、ロルフプリマホイールで走ったらどうなんだろう? などと、ふとユーザー目線で考えてしまいました。

思い立ったが吉日。 オランダのフレームビルダーで、ロルフプリマの輸入販売代理店をしている、Chris van der Gaag氏(ステンレスチューブの溶接をアメリカで修業しオランダDMP bikesの代表>>>http://www.dmpbikes.nl/) ならきっとデータがあるに違いないと、早速尋ねてみました。

すると、期待どおりの返事があり、彼のところのお客さんで、このロンド・ファン・フラーンデレンの前日土曜日に行われていて、翌日のプロレースとほぼ同じコースを走ることができるサイクリングチャレンジイベントを(約2万人が参加)、Vigor RSで走破していました。 また、他のお客さんは、パリ・ブレスト・パリを(ブルべの最高峰とされる)、やはり同じく Vigor RS で完走したそうです。 

前述のChris氏によると、Elanなどの軽量モデルでは無理だが、Vigor RSや58RSC、またはEchelon SLのような頑健なホイールは、石畳でもエクセレントだということでした。

他にも貴重な情報として、2011年に発足した、Team UK Youth という当時UCIコンチネンタルチームが、春のクラシックレースを、Vigor RSで参戦したことも教えてくれています。このチームを発足時に率いたのが、スウェーデン出身で、ガーミンスリップストリームやリクイガスでも活躍した元グランツールレーサーの、Magnus Backstedt氏。(2004年のパリ・ルーべ勝利者) オランダでのロルフプリマホイール販売では、今回触れることができたエピソードなどが、バックグラウンドとして生かされているのだと知り、ここ極東の地、日本のユーザーにも、勇気づけられる話ではないかと思います。

☆残念ながら、同チームはスポンサー不在などで、現在は活動していません。チームオーナーが、元F1レーサーのナイジェル・マンセル氏ということでも当時話題になりました。

Uk_youth_team_2

(発足当時のTeam UK Youth. 中央がMagnus Backstedt氏)

2015年4月 4日 (土)

Trek Concept Store x Rolf PRIMA

ちょっとしたニュースかもしれません! ので、ご案内させていただきます。

Trekバイクを一つのブランドとして扱っておられるプロショップさんに、ロルフプリマパートナーショップになっていただいているケースは、これまでにもございます。

しかし、バイクブランドはTrekオンリーという、トレックコンセプトストアさんに、ロルフパートナーショップになっていただくのは、日本ではこれが初めてのこと。 それは、東京中央区日本橋LORO bicylcesさんで、この4月から、ロルフプリマホイールのお取り扱いが始まります。

本国アメリカでは、トレックコンセプトストアで、ロルフプリマホイールの購入は普通に可能なのですが、ここ日本では、今まで、何故実現しなかったの? と不思議に思われていたユーザー様も少なくなかったことでしょう。

また、⇒ここから、アールヌーヴォーな1台が誕生するといいですね~  

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング