« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

CALFEEのことなど・・・

勉強不足でした(汗)・・・ Calfeeと言えば、バンブー?くらいの知識しかなかったことを恥じずにはいられません。 リアサスペンション技術や、boronとcarbonをミックスしたハイブリッドチューブのことなど、興味津津の事柄が彼らのウェブサイトから知ることができます。更に、ARES 4を装着したManta完成車の写真は、想像力を掻き立てられます。 いやぁ、乗ってみたい!と思うのは、筆者だけでしょうか?

Calfeemantaprosideon_pskilbeck

2015年2月12日 (木)

NAHBS 2015

また、ノースアメリカンハンドメイドバイシクルショー(NAHBS)のシーズン到来ですね。今年は、ケンタッキー州、ルイスビルでの開催となりますが(3月6-8日)、ビルダーで出展者の一人、Julie Ann Pedalinoさんが、出展予定バイクを紹介されています。 ホイールに、ロルフプリマ、Vigorアルファアルミクリンチャー、米国限定シルバーポリッシュを装着されていますので、FBから引用して、こちらにもご紹介いたします。 ⇒ https://www.facebook.com/JulieAnnPedalino/photos/a.841195825938188.1073741838.507279065996534/841196119271492/?type=1&theater

2015年2月10日 (火)

国内女性レーサー増加に関するスコットランドからのレポート

BIKE BIZというサイトでのレポートの紹介です。 http://www.bikebiz.com/news/read/35-increase-in-scotland-s-female-cycle-sport-participation/017444

2014年度は、前年比、女性のサイクリングイベントへの参加者が35%も増加したそうです。その一つの要因として、スコットランドサイクリング協会が挙げているのが、女性のための無料ロードレースワークショップの実施。 新しく自転車レースに参加しようとしたり、またその前の段階で自信を深めるために参加したりする人に対し、このワークショップでは、レースにはどのような準備が必要か、レースには何を持参するのか、レース中に望まれること、更には、栄養学の予備知識まで、専任の女性コーチが、分かり易く指導してくれるのです。 協会では、この女性のためのワークショップのような活動に、質の高いコーチング、トレーニング、レース機会を提供して行き、レースのみならず、スポーツ、レジャー、フィットネスや趣味でサイクリングに関わる人が増え、草の根、地域組織、そして全国規模で取り組むことが、スコットランドでのサイクリングレースの強化に欠かすことのできない基本要素だと確信しているとのことです。 我が日本でも、そうあって欲しいですね。

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング