« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月20日 (木)

ホイール試乗インプレのご紹介

Wp_000050_2

本日20日発売、サイクルスポーツ4月号に、カーボン・アルミクリンチャーホイールの特集が組まれており、ロルフプリマからは、カーボンクリンチャーのARES4/6の試乗インプレを載せていただいています。

また、同誌、来月20日売りの5月号では、「トライ&ジャッジ」のコーナーで、アルミクリンチャーのVigor(ヴィガー)アルファ試乗記事も、ご掲載いただく予定です。どうぞご期待ください。

お知らせ:ご紹介の記事の中で、ARES4のハイトが40mmとありますが、正しくは、42mmです。従いまして、実測41.9mmとありますのは、公差内です。

続きを読む »

2014年2月16日 (日)

Jason MilesのUKシクロクロスレポートのご紹介~Ralos9~

http://40psi.wordpress.com/2014/02/13/more-stuff-that-survived-the-strathpuffer-rolf-prima-wheels/

上記にRalos(ラロス)MTBチューブレスホイールの雑誌記事がありますので、ご紹介します。(以下、訳文)

20140213_200522_resized

10006559416_80c65fb38e_b_2

多分これを白状しない方が良かったのだろうけど、実はずっと、このラロスを壊してやるつもりでいたんだ。ロルフプリマ Ralos9を借りて、正直に言うなら、格好いいと思ったし、確かに軽い。でも、一冬を生き延び、エンデュランスレースやトレーニングを含むハードなシーズンを持ちこたえるだろうとは期待しなかったよ。(3Peaksレースを含む、シクロクロスにも参戦した) 結果、私の思惑は現実とはかけ離れたものになったんだけどね・・・

最初スポークの数を見た時には、もう直ぐにでも卵型にへちゃげてしまうと思った。勿論、やつらは今でもちゃんと真っすぐしてるよ。

Hpcc_0901

リムは凹み、チューブレスタイヤはエアが漏れ始める、なんて思っていたけれど、殆ど傷は無いし、タイヤもエアを保持したままだ。 唯一難点を挙げれば、典型的な英国の条件下で4~5千マイルのトレーニングと、6度の24時間レース(そこには合計54周回するStrathpufferのレースを含む)を走った後に、ハブベアリングをまもなく交換しなければならない事だろうか。 それも急いでというものじゃなく、少し左右に動かすと遊びがあるというだけの話さ。

私には、これほど感銘を受けたホイールは今までなかったよ。頑丈でチューブレスタイヤの装着が簡単なんだ。(本当にいい、何故なら私はチューブレスタイヤの硬さにはうんざりしていた) ロルフプリマラロスは、ルックスも良いし、レースに十分耐えるだけの軽さを持ち合わせている。

ご参考: Strathpuffer ⇒https://www.facebook.com/pages/Strathpuffer/266638930036156

3 Peaks Cyclocross ⇒http://www.3peakscyclocross.org.uk/index.htm

続きを読む »

2014年2月 2日 (日)

関西CX第10戦京都桂川緑地

関西シクロクロスの最終戦にお邪魔してきました。

Wp_000038

Wp_000036

昨夜から降ったり止んだりの雨は早朝まで残り、コースをこれでもかと言うほど泥だらけに。これが容赦なく競技者の脚に負荷をかけ、どんどん体力を奪っていくという様相でした。それでも午前中のC3カテゴリーあたりから、天気も回復しだし、その後は苦しい中にもライダーに笑顔も見られ、レースを終えて、それぞれに悔しさや満足感を語り合う姿がありました。

下の写真は、大阪天王寺、bicycle studio MOVEMENTの堀さん、高橋さんのマシン! (ホイールは、VCXアルミチューブラー)

Wp_000039_2

Wp_000044

皆さん、本当にお疲れ様でした!

続きを読む »

ロルフプリマ英文サイト

  •  

ペアスポークシステムの魅力と信頼性

最近のコメント

フォトアルバム

他のアカウント

アクセスランキング